蔵紹介

明治20年(1887年)蒲 貫一が山口県阿武郡吉部村(現・山口県萩市吉部下)で
蒲酒造場を創業。
昭和29年に八千代酒造合名会社と組織を変更。
大津杜氏が退いた後、蒲 悟が四代目蔵元杜氏として酒造りを行う。
銘柄「八千代」は、「君が代」の一節「千代に八千代に・・・」から、この酒を飲む人々の家系が、
ゆく末永く栄えることを祈って名付けられた。